2008年6月30日月曜日

Euro 2008 スペイン優勝

スペインが優勝しましたね。

試合後、興奮して喜びを隠しきれないスペインと、1点が取れず勝てなかったドイツの落胆ぶりが対照的でした。
こういう時、負けた選手はどんなことを考えるものなんでしょう。
ここまで来るのも並大抵のことではないです。
うちの近所の子ども達も、将来はプロのサッカー選手になりたい、できたら代表チームでプレーしたい、と言っていますが、その中から本当にそこまでいけるのは、一握りよりも少ないくらいで、2部リーグの選手でさえ大変です。
子どもの頃から練習を重ね、才能もあって厳しい競争に勝ち抜いてきて、ここまで来たのに目の前で逃げていく優勝。
あと10分多く練習しておけば良かったのか、あと5分相手チームの分析をしておけば良かったのか、それとも根本的に足りなかった部分があったのか...
プロはそういうことを考えるものなんでしょうか。
それともやるべきことはやりつくしたのだから、しょうがない、と結果を静かに受け止められるものなんでしょうか。

テニスのような個人競技ではないですし、勝敗に大きく影響する審判も人の目で見て判断しているのがサッカーですから、運にも左右されると思います。
たまたま突出した才能のプレーヤーが同時期に現れ、チームを組めたのであれば、彼らがバラバラに活躍するよりも勝てるでしょう。
選手が良くても監督がだめなら、やはり勝てないでしょうし。

若い頃は、勝負事は実力で決まる、と思っていました。
もちろん今でも実力のない人が勝てるとは思いません。
でも力があっても勝てない人もいるということが、最近目につくようになりました。
昨夜の試合はスペインの方に力があるように見えましたが、圧倒的な差ではなかったと思います。
おそらく紙一重の差だったんでしょう。
でも勝敗を分けたのはそれだけではきっとないんでしょうね。

フィールドで座り込むドイツ選手の顔が映る度に、そんなことを考えてしまいました。





このブログを面白いと思っていただけましたら、クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

マロ さんのコメント...

負けた選手は
「くそーっ、次は勝つぞっ」とか思うんじゃないの?
そこで「もう、いい」と思ったら引退か??
でも、なんで、あんな何回も、Ballack達を映したんだろうな~。
負けて消沈してる選手の顔は
見たくないよ。
Michel Platiniや首相が励ましてた時には
Ballackも怒り顔でいるわけにはいかないだろうから
微笑んでたけど、それも、また、辛そう。
しかし、試合中、ドイツ選手の挑発的な
暴力的な雰囲気が気になった。
レッドカードにならなかったSilvaの頭突きも
Schweinsteigerに挑発されてって感じがした。
ま、ジダンの時のマテ(笑)みたいに
大袈裟に倒れなかったのは偉いとも言えるけど。

ガラスちゃんと未来のお嫁さん候補が、
がっかりしてませんように~

Frau L. さんのコメント...

でもドイツの選手達は、「次こそはっ!」って感じには見えなかったんだよねえ。
ドイツってここ数年、いいところまで行っていながら最後にだめ、っというのが癖になってるでしょう?
トラウマっぽい感じさえしてきてしまう。

>なんで、あんな何回も、Ballack達を映したんだろうな~。
それもドアップで。
オーストリアの番組構成作家の演出?

ドイツはいらいらして挑発的な行動に出た気がする。
ずっとテレビの前にいたわけじゃないから見てないところもあったけど、頭突きなんてしてたんだ。

未来のお嫁さん候補は今落ち込んでるかどうかわからないけれど、ガラスの方は
「勝つ方を応援することにする。最初からスペインを応援していたんだ。」
とほざいてます。(笑)