2008年6月20日金曜日

全裸でジョギング男 (追記あり)

地元紙のコラムで小さく紹介されていたニュースなので、ソースが見つからないんですが、ドイツのアンスバッハ(Ansbach)という町で全裸でジョギングをする男性に、ふんどし着用命令が出たそうです。
全裸でジョギングする理由は、「汗をかきすぎるから」だとか...。



記事では20cm x 30cmのLendenschurzと書いてありましたが、私Lendenschurzが何か最初わかりませんでした。

Schurzという言葉から、勝手に長めのエプロンのようなものを想像したんですが、それでは違う意味で危なそうですよね...。

ぐぐってみたんですが、こんなのなのか、それともこんなのなのか...。

20cm x 30cmというのは、前に下がっている部分のことですよね、きっと。

そうでないと身体にぐるっと巻き付けることはできませんし。

ってことはやっぱりふんどしなんじゃないでしょうか?





アメリカではこんなニュースがあったそうです。


リンカーン警察は、ジョギング時に露出癖のある人たちに明確なメッセージを発した。「ソングは禁止」。14日夜、同警察はソング下着で、自転車用道路をジョギングしていた男(26)を公然わいせつの容疑で現行犯逮捕した。

ソングというのは、前は普通のビキニ、後はTバックの露出度の高い下着のこと。

警察によると、男はホームズレイクの周囲を、ソックス、シューズ、それにソングという格好で走っているのを発見したという。



ソングなんていう名前も知りませんでしたが、「ジョギング時に露出癖のある人たち」って、そういう人は一人や二人ではないということですか?

世界は広いですね...












こんなしょうもないニュースを... と思っていただけましたら、クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

マロ さんのコメント...

ジョッギング自体やめてほしい。

ターザンじゃないほう、
写真、見なきゃよかった...

Frau L. さんのコメント...

マロ、
全裸ジョギング自体が言語道断だよね。(爆)
だからってふんどしをしめれば解決するとも絶対に思えない。
水着だって短パンだってあるんだし。
どういう汗のかき方をするのかとひとしきり考えてみる...。

>写真、見なきゃよかった. . .
まあ、そうおっしゃらずに。(笑)